【ドライブで九州1周】すべてを満喫する全部乗せプランを作ったぜ!

おっくそ
おっくそ

こんにちは、おっくそです。

みなさん、こう思いませんか?

「九州旅行がしたい!」

美味しい食べ物、最高の温泉、雄大な自然、すべてが揃っている九州

めちゃくちゃいい。

ただね、九州って7県もあるんですよ。

そう、2日とか3日で回れるもんじゃない。

それでも、九州1周旅行がしたい。

1つの県も漏らすことなく、九州全部行きたい。

行きたいですよね!

実は僕、行ってきたんですよ。

念願の九州1周旅行に!

いやー、ようやく行けました。

仕事の都合で長期休暇取れたので、夫婦で行ってきました。

僕は高校の卒業旅行以来の九州。

なので九州について詳しいわけではなかったので、いろいろ調べる必要がありました。

九州1周といっても、どれくらいの期間が必要なのか、どれくらいの費用がかかるのか、どこを観光すればよいのか、どういう順番で行けばいいのか分からなかったんですよね。

なので旅行プランを立てるために色々と調べまくりました

そして九州1周ベストプランを作成したのです。

いざこのプランで旅行してみて、なかなか良い旅行になったのでご紹介したいと思います。

旅程だけでなく、実際にかかった費用準備事項もあとで紹介しているので、参考にしてみてください。

いろいろな情報を書いていたら、記事がとても長くなってしまったので、九州1周に興味のある方はブックマークをおすすめします。

9ページあります

1ページだと長すぎるので、9ページに分けています。

プラン1日目は1ページ目、2日目は2ページ目、、、9日目とそれ以降は9ページ目、みたいになっているので、見たい日程に飛んでみてください。

九州1周旅行の旅程

それでは早速、九州1周旅行の旅程をご紹介していきます。

【概要】大分スタート、福岡ゴールの8泊9日ドライブ旅行

まず九州1周といっても、どのようにまわったか。

僕たちは大分県を九州旅行のスタート地点に決めました。(理由は後述)

ゴールは福岡県

大分から福岡まで時計回りに1周するイメージです。

県の移動はこんな感じ。

大分→熊本(阿蘇)→宮崎→鹿児島→熊本(中心部)→長崎→佐賀→福岡

そして日程は8泊9日です。

移動はレンタカーを使ったドライブが基本で、時々フェリーを使いました。

【1日目】東京から大分へ

さあ、九州1周旅行のスタートです!

東京・成田空港から大分空港へ

成田空港08:30発の大分空港行きフライトに乗ります。

ジェットスターを使いましたが全然快適でしたね。

大分空港に無事到着!

さあいよいよ九州旅行がスタートです。

荷物受け取りでエビが流れてきたのは、九州の洗礼を感じましたね(?)

レンタカーを受け取り別府市内へ

まずは九州旅行の移動手段であるレンタカーを受け取ります。

楽天トラベルで予約したのはオリックスレンタカー

オリックスレンタカー大分空港店だったので、空港を出て徒歩1,2分の場所にあり、すぐ受け取れました。

10:25着予定のフライトだったのですが、まあ間に合うだろうと思い、レンタカーは10:30で予約。

フライトが早く着いたのもあり、ジャストタイミングでした。

レンタカーで向かうのは別府市内にある、大分名物・とり天のお店「東洋軒」。

1時間かからないくらいで行けます。

大分名物・とり天をくらう!

とり天ランチを楽しみにしながら「東洋軒」に到着。

この東洋軒は、大正15年創業で、とり天発祥の店と言われており、大分グルメスポットとしておすすめとのこと。

しかし、ここでハプニング発生!

なんと臨時休業…

ハプニング①

目的地のお店が休業。

(ハプニング①ってことは、この後もハプニング起こるじゃーん)

普段なら空いている日だったのですが、店内改装のためお休みとのこと。

「旅行しょっぱなからハプニングとは…試されてるぜ…」

ということで、別の店を探します。

幸い、大分名物なので、とり天のお店は他にもたくさんあります。

調べたところ、近くて評価も高い店を発見。

和音」というお店。

行ってみることに。

このお店がめちゃくちゃ当たりだったんですよ。

とり天定食、1,060円。

見てください、この白い衣をまとった鶏肉。

食べるとサク、フワ、ジュワです。

このフワッとした食感が新鮮でした。

柔らかくてジューシーなのです。

「東洋軒に行かなくて正解だったんじゃね?」ってくらい。

店内も落ち着いた雰囲気で、とり天を堪能することができました。

別府温泉の地獄めぐりを楽しむ

とり天ランチのあとは、別府温泉を観光。

とり天のお店・和音から約10分で着きます。

別府市内では、至る所で湯煙が立っていて、温泉の街ならではでした。

別府温泉と言えば、地獄めぐりです。

別府温泉・地獄めぐりとは、湧き出ていている温泉(地獄と呼ばれる)を巡るもの。

実際に温泉に入るというわけではなく、湧き出ているところを見るものです。

7つの地獄があり、それぞれを回る形になります。

最後に回った、龍巻地獄では自然の間欠泉を見ることができ、とても貴重な体験ができました。

料金は1人2,000円で、7つすべての地獄を回ることができます。

湯布院温泉の旅館・さくら亭に宿泊

地獄めぐりを楽しんだら、本日の旅館へ向かいます。

1日目の宿泊ですが、湯布院温泉でゆっくりしたかったので、高級旅館にしてしまいました。

超贅沢っす。

せっかく旅行するんだから、すべてビジホにするのもなーと思ったわけです。

全室露天付き離れ宿という最強旅館です。

やばくないですか?

その名も「さくら亭」。

とても贅沢でした。

すべての部屋が離れ個室になっているので、ほとんど他のお客さんとは顔を合わずに済みます。

またそれぞれに客室露天風呂が付いているという。

九州の食材を使った会席料理もとても美味しかったです。

シャワーの水圧が弱かったのと、ドライヤーの風量が弱かったのが物足りなかった点ですかね。

とにかく1日目から贅沢な時間を過ごせました。

1日目のタイムライン

08:30
東京・成田空港から大分空港へ

10:30
レンタカーを受け取り別府市内へ
12:00
大分名物・とり天を食べる

13:00
別府温泉の地獄めぐりを楽しむ

17:00
湯布院温泉の旅館・さくら亭に宿泊
1 2 3 4 5 6 7 8 9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。