ふるさと納税まだの人はこちら!/

大量の写真やリンクを載せたブログ記事のせいでスマホが落ちた話

おっくソ
おっくソ

こんにちは、おっくソです。

先日あるブログ記事を書いて、公開して、その記事をスマホで確認しようとしたら、スマホが落ちたという話をしようと思います。

ブログ記事のせいでスマホが落ちた

いつも通りこの「おっくソぶろぐ」の記事を書いていた時のことです。

ある記事を書いて、公開して、スマホで確認しようとしたときのこと。

スマホのブラウザでその記事を開いてしばらく経つと、画面が固まってしまいました。

画面をスワイプすることだけでなく、ブラウザを落とすことも、スマホ自体の画面を消すことも、電源を落とすこともできなくなってしまったのです。

そしてさらに時間が経つと、画面が真っ暗になってしまいました。

ですが電源が落ちたのかも分からない。

充電ケーブルに差しても音沙汰なし。

そのあとしばらく電源が入ることはありませんでした…

(夜に落ちて、翌朝に復活しました)

やばいですよね。

数年前のモデルのAndroidスマホだったのですが、それでもスマホが完全に落ちるなんて…

ちなみにブラウザはChromeです。

ただ、一方で、最新のiPhoneでそのブログ記事を見ると、落ちることはなかったのですが、Chrome上でエラー画面になりました。

スマホがダメならPCはどうだったのか。

PCだと特に問題なく記事を表示することができたんですよね。

だから記事を書いている時は気づかなかったのです。(PCで記事内容を確認していたため)

とにかくスマホではその記事を見れないという状況だったわけです。

記事を公開したあとなので、もしスマホでこの記事を開いた人がいたらまずい。

自分のブログが原因で、スマホが固まったらユーザビリティ最悪すぎますもんね。

とにかく対策をする必要がありました。

原因となった記事

スマホがぶっ飛んだ記事はこちらの九州旅行の記事です。

すでに対策済みなので、いま見ていただいてもスマホはぶっ飛ばないのでご安心を。

【ドライブで九州1周】すべてを満喫する全部乗せプランを作ったぜ!

見ていただくと分かるのですが、かなり長い記事です。

文字数は3万文字以上。

写真も約130枚。

そのほかGoogleマップの埋め込み、インスタの埋め込み、YouTubeの埋め込み、アフィリエイトリンクなどが多数。

ただ、これくらいの規模の記事は世の中にありふれているはずなんですよね。

旅行の記事をしっかり書くとこれくらいになると思います。

なぜスマホが落ちたのか

さて、そもそもスマホが落ちたのはなぜなのか。

あくまで推測ですが、「1ページあたりに読み込むデータ量が大きすぎて、スマホブラウザがパンクしてしまった」ことが原因だと考えてます。

IT業界で生きてきたので、大きく外れてはいないと思います。

PCは問題なくて、スマホがダメだったのは、スマホのブラウザアプリのメモリが小さいからかなと。

つまり、そのブログ記事を表示するために読み込むデータ量が大きすぎたんだと思います。

iPhoneだと大丈夫だった理由はよく分かりませんが…

ただ、一気に読み込もうとしないLazy Load(レイジーロード)という技術もあるので、本当にそれが原因なのかも分かりません。

ワードプレスにはLazy Loadが実装されていないのか?

真相は分からないですが、とにかく1ページあたりがデカすぎたんだと思います。

【対策】1ページあたりの通信データ量を下げる

ということで対策をします。

しなければいけないのは「1ページあたりの通信データ量を下げること」と仮定しました。

具体的には、1記事を複数ページに分けました。

すでにこの記事は9ページに分けたのですが、もともと1ページだけだったんですよね。

【ドライブで九州1周】すべてを満喫する全部乗せプランを作ったぜ!

ページを分けることで、1ページ目のデータ量が少なくなるわけです。

この対策で、スマホは無事落ちなくなりました。

なので、推測が合ってたかは分からないですが、対策としては良かったということですかね。

ブログを書いている方は、スマホでのチェックも忘れずに。

そしてもし僕と同じ状況になったら、ページを分ける対策をすればよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。