【六本木オクタゴンにも来日】Vicetone(ヴァイストーン)ってどんなDJ?

おっくソ

こんにちは、おっくソです。

今回はあまり日本では知られていないですが、とてもオススメのDJ・Vicetone(ヴァイストーン)についてご紹介したいと思います。

六本木のクラブ・Sel Octagon Tokyo(セル オクタゴン トーキョー)にも来日したことがあります。

ヴァイストーンってどんなDJ?

View this post on Instagram

Felt cute might delete later

A post shared by Vicetone (@vicetone) on


ヴァイストーンはオランダの2人組DJユニットです。

同じオランダ出身のNicky Romero(ニッキーロメロ)とコラボしたりと、注目されているDJの1人です。

 

・Ruben Den Boer(ルーヴァン・1992年1月22日生まれ)
・Victor Pool(ヴィクター・1992年7月9日生まれ)
で構成されており、2人は高校の同級生。

そして個人的に驚いたのが、僕と同い年でもあります。

同い年が世界でDJとして活躍しているというのを考えると、異次元だとは思うものの、同時に親近感が湧きます。

 

彼らの作る音楽はというと、綺麗でかつ疾走感のあるメロディが印象的です。

EDMとしてのテンポはあるものの、ドンドンうるさい系ではないのでとても聴いていて心地よいです。

【これを聴けばハマる】ヴァイストーンのおすすめ曲ベスト3

僕と同い年で、綺麗でかつ疾走感のあるメロディを作るヴァイストーンのおすすめ曲を3曲だけご紹介します。

Vicetone – Something Strange ft. Haley Reinhart


この曲は、僕がイントロで一目惚れならぬ一聴惚れをしたVicetoneで1番好きな曲です。

ピアノ音なのでとにかくメロディが綺麗です。

それでいて疾走感もあるので、さわやかな曲になってます。

Vicetone ft. Kat Nestel – Nothing Stopping Me


この曲も綺麗さと疾走感を両立している1曲です。

ドロップ(サビのメロディ部分)に向かっていくにつれて盛り上がっていくところ、そしてドロップの高音のバイオリンのような音色は最高です。

Vicetone – Waiting feat. Daisy Guttridge


この曲は、2019/05/29週のおすすめEDMの記事でも紹介した新曲であるにも関わらず、僕の中のベスト3に食い込んできた曲です。
今週のおすすめEDMセレクション【2019/05/29】今週のおすすめEDMセレクション

「I’M ALWAYS WAITING FOR YOU」
「あなたをいつまでも待ってるの」

女性ボーカルとヴァイストーンお得意のさわやかメロディで、とてもイイ感じです。

ヴァイストーンのDJパフォーマンスは?

ヴァイストーンが来日した時、彼らのパフォーマンスを見に行きました。

その時の感想を軽く共有しますが、DJパフォーマンスは正直微妙に感じました。

こちらとしてはVicetoneの曲に惚れているのに、彼ら自身の曲を流す時間は短かった印象です。

また曲と曲を繋ぐパターンが単調で、途中飽きてしまいました。

曲が良いのは間違いないので、次回に期待したいです。

最後に

EDMのテンポと綺麗なメロディは両立が難しいような気がしますが、両立させてしまうのがヴァイストーンです。

夏にぴったりのさわやかなメロディの曲が多いので、ぜひ聴いてみてください。

では今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です