コロナに関する記事はこちら!

【愛を込めて】EDMはどこがいいの?なぜハマるの?

EDMが好きな理由のアイキャッチ画像

おっくソ

こんにちは、おっくソです。

僕はEDMが大好きです。

毎日聴く音楽はEDM中心だし、フェスにも行くし、ついにひとりクラブデビューもしてしまいました。

本格的にハマったのは22歳、大学院修士1年の時にアメリカに留学した時からです。

アメリカでの本場のEDMフェスに参加し、そこからめりめりハマりました。笑

なぜこんなにもハマるのか?

今回は「EDMの良さ」を愛を込めて書きたいと思います!

 

EDMと聞けば、だいたいの人が「パリピ」というイメージがわくと思います。

おっくソ

めちゃくちゃ払拭したい

たしかに頭悪そうなやつがどんちゃん騒ぎしたり、ヤンキーが大音量で車から流したりしますが、ドンドンした曲だけがEDMじゃないんです。

リラックスできるEDMやエモいEDMだってあるんですよ。

ということで、EDMを食わず嫌いしてる人に「EDMの良さ」をご紹介したいと思います。

エクスタシーを感じられる

いきなりこいつ危なそうなこと言ってるなという感じですが、EDMはエクスタシーを感じられる音楽です。

他の音楽ジャンルにはないものかなと思います。

エキサイティングな曲を聴いて興奮するとか、しっとりした曲を聴いてリラックスするとか、好きなアーティストの曲を聴いて感動するとか、

音楽は僕たちをいろんな感情にしてくれますが、エクスタシー(いわゆる快感)を感じるのはEDMくらいではないかなと思います。

おっくソ

だからこそ海外ではドラッグが流通してるしね

今までEDMを聴いてなかった人が、いきなり聴いてもエクスタシーを感じられないですが、ハマっていくときっと感じますよ。

おっくソ

ほんとに気持ちいいと感じるんだよ、うん笑

コンピュータで作る音色

EDMの良さの2つ目は、コンピュータで作る音色だということ。

例えばロックバンドは、ギター、ドラム、ベースなど、出来上がった楽器を使って音楽を作っていきます。

じゃあEDMはどう作るかというとDAWダウ(Digital Audio Workstationデジタル オーディオ ワークステーション)というソフトで作ります。

DAWには一般的な楽器の音源は入っているものの、その音源を自分で組み合わせたり、複数の音を重ねたり、音色の波形を変えたり、コンピュータで緻密に作り上げていくんです。

僕はそこに芸術を感じるんですよね。

理系だった僕は、音が波でできていて、波形が変わると音量や音程、音色が変わることを知っています。

なので物理学の美しさみたいなものも感じるわけです。

すでにある楽器を使うのではなく、音そのものを1から作り上げていく、そしてその結果完成したEDMの「音」に引かれるというわけなんですよ。

ストレス発散になる

3つ目は「ストレス発散になる」ということ。

クラブやフェスをイメージしていただけるといいです。

EDMはエクスタシーを感じる浸れる曲だけじゃなく、ドンドン系の曲もあります。

おっくソ

ジャンプしまくるから、フェス翌日は筋肉痛。笑

友人も言ってましたが、EDMって何も考えなくていいんですよね。

ただ聴いて、音楽に身をまかせるだけ。

DJのつなぎ

EDMにかかせない存在なのがDJです。

クラブやフェスで見ることになりますが、彼らは今流している曲のテンポや曲調、会場の雰囲気をもとに次に流す曲を決め、違和感なく2曲を繋ぎます。

そのセンスや技術に注目すると結構面白くて、「ここでそれ流すか〜」とか「綺麗に繋ぐな〜」とか勝手に感動している僕です。

フェスだと(この曲の次はこれを流すというのを)あらかじめ考えられたセットとして流すのが一般的ですけどね。

レーザーに浸れる

Sel Octagon Tokyoのレーザー画像

これを言ってもなかなか共感してくれる人がいないのですが、僕レーザーが大好きなんですよね。笑

無駄な散乱がなく、一直線に伸びる光。

雨の日のフェスとかめちゃくちゃ綺麗ですよ。

その中でエモいEDMが流れるわけです。

そりゃエクスタシー感じますよね。

ちなみに上でも載せたレーザーは、六本木にあるクラブ・Sel Octagon Tokyoセル オクタゴン トウキョウなのですが、めちゃくちゃ綺麗で映えますよ。

▼この記事では動画も載せてるのでよかったら見てみてください。
Sel Octagon Tokyoのレビュー【ドレスコード?料金?】六本木「SEL OCTAGON TOKYO」をレビュー

歌詞が分かる必要がない

5つ目は「歌詞が分かる必要がない」ということ。

つまりメロディだけ聴いてればいいんですよ。

別に歌詞が分からなくたっていいんです。

EDMは基本的にドロップ(サビみたいなもの)がありますが、そこに歌詞が入ることはまずありません。

だいたい英語ですが、歌詞は雰囲気だけ掴めればOK。

なんかLoveとか言ってるな〜くらいでいいんです。

僕も気になったら歌詞を調べて和訳を見てみるくらいで、基本的にはメロディーを聴いてます。

僕はコンピュータで作られた音色が好きですから。

まとめ

今回はEDMが大好きな僕が、「EDMの良さ」について愛を込めてご紹介しました。

  • エクスタシーを感じられる
  • コンピュータで作る音色
  • DJのつなぎ
  • レーザーに浸れる
  • 歌詞が分かる必要がない

失恋した人や、ストレス発散したい人、お酒を飲んで「ファ〜」となりたい人はEDMを聴いてみてください。

僕のおすすめEDMイチオシDJは、このブログで紹介しているのでちょっとでも興味が出た方はぜひ!

では今回はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です