コロナに関する記事はこちら!

【完全版】初心者のためのWordPressブログの始め方

WordPressワードプレスブログの始め方を知りたい。サーバーとかよく分からないから図を使って分かりやすく説明して欲しい。

読者

今回はそんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • WordPressブログの始め方

おっくソ

こんにちは、おっくソです。

WordPressワードプレスブログの始め方を丁寧にまとめた記事がついに完成しました!

これを読めば、誰でも簡単に、迷うことなくWordPressブログを始めることができます。

ではいきましょう!

もしこのページをスマホで見ている人はパソコンで見ながら作業することをおすすめします。

WordPressとは?

What is WordPress?

この記事を読んでいただいているということは、ブログに興味を持っている方、もしくは実際にWordPressワードプレスブログを始めようとしている方だと思います。

これからWordPressを立ち上げていきますが、そもそもWordPressが何なのかイメージできないと、途中でよく分からなくなっちゃいますよね。

簡単に言うと、ブログを管理する仕組みの1つですね。

WordPressによって、とにかく自由自在に、自分の思い通りのブログを作ることができます。

ということで「WordPressって何だったっけ?」という方のために、「【優しく教えるよ】ワードプレス(WordPress)って?」という記事を書きました。

気になる方はぜひ読んでいただけると、ワードプレスをイメージしやすいと思います。
【優しく教えるよ】ワードプレス(WordPress)って?

これからWordPressを立ち上げていく上で、少しでも頭の中にイメージがあったほうが進みやすいので。

WordPressがいったい何なのか、なんとなくイメージできる人は読まなくてOK!

理解する必要はないです!

WordPressを始めるために必要なもの

これからWordPressを始めるために最低限必要なものが3つあります。
(「【優しく教えるよ】ワードプレス(WordPress)って?」で詳しく書いているので、気になった方は読んでみてくださいね。)

  • パソコン
  • サーバー(の費用)
  • ドメイン(の費用)

サーバーは「WordPressを動かすためのコンピューター」、ドメインは「サーバーのネット上の住所」でしたね。

ただし「費用」と書いているように、要するにお金です。

最低限必要なものを3つ挙げましたが、簡単に言えば「パソコンとお金」さえあればOKということになります。

  • お金と言ってもサーバー代(月1,000円くらい)だけ
  • 僕がこれから紹介する方法なら、ドメイン代は無料(本来は年数百円くらい)

「パソコンとお金」、そしてやる気が揃った人はいよいよWordPressを立ち上げていきましょう。

ここからは正直大変に感じると思います。

なので作業をステップごとに分けているので、少しずつ自分のペースで良いので進めていきましょう。

Step.1 サーバーを契約する

Step.1 サーバーを契約する

まず最初のステップは「サーバーを契約すること」です。

最初と言いつつ、これができればほぼ終わったようなものなので、気軽にいきましょう。

安心してください、丁寧に説明していきます。

レンタルサーバーのサービスに登録する

サーバーを契約するためには、サーバーをレンタルしてくれる所に申し込む必要があります。

例えば駐車場を月契約するみたいなイメージ。

ひと月1万円とかで申し込んで、駐車場をレンタルすることになりますよね。

それと同じで、サーバーを使いたいからレンタルするわけです。

その申込みをしていきます。

レンタルサーバーを契約できるサービスは何個もあるのですが、僕はコノハウィング(ConoHa WING)をおすすめします。

コノハウィングの他にレンタルサーバーのブランドとして有名なものとして、エックスサーバー(Xserver)やロリポップなどがあります。ネットで調べると比較記事がいくつも出てくるくらい、すべて有名です。ちなみにこの「おっくソぶろぐ」はエックスサーバーで運営しています。じゃあなぜ今回コノハウィングをおすすめするのかというと、コノハウィングの方が微妙に安く、何よりも使いやすいからです。僕がブログを始めた頃はエックスサーバーがダントツで1位でした。しかし最近になって人気が出てきたのがコノハウィングです。僕が新しくWordPressを立ち上げた時に実際にコノハウィングを使い、良さを実感したからこそおすすめしています。サーバーのスペックや表示速度、料金、管理画面の使いやすさなどなど、外資系IT企業で働く僕が総合的に判断しておすすめしているので信頼して使っていただいてよいです。後悔はしないはず。

では早速コノハウィングのサイトにいきましょう。

\新しいタブで開こう/

コノハウィングのサイトを開く

コノハウィングのトップページが表示されるので、「今すぐお申し込み」をクリックしましょう。
ワードプレスの始め方の画像

すると申込み画面が出てきますが、初めてコノハウィングを使うはずなので左側の「初めてご利用の方」に入力していきます。(アカウント登録みたいな感じ)
ワードプレスの始め方の画像
もちろん次回以降利用する場合は右側の「ConoHaアカウントをお持ちの方」からログインすればOKですよ。

メールアドレスとパスワードを入力したら「次へ」をクリック。
ワードプレスの始め方の画像

するとサーバーの契約内容に関するページに移動します。
ワードプレスの始め方の画像

と同時に、こんな登録メールが届きます。(特に気にしなくてOK)
ワードプレスの始め方の画像

僕の時はこの1通だけでしたが、他に来るかもしれないので受信ボックスは確認しておいてくださいね。

サーバーを契約する

ワードプレスの始め方の画像
契約内容のページでは、プランを選んだり、契約期間を選んだりしていきます。

1つずつ順番に設定していきましょう。

①料金タイプ

ワードプレスの始め方の画像

何もいじらず「WINGパック」でOK。

②契約期間

ワードプレスの始め方の画像

最初は3ヶ月になっていると思います。

そのままでもよいですし、僕のように12ヶ月にしてもOK。

ブログを1年くらい続ける気があるなら12ヶ月、いったんお試しということなら3ヶ月とか6ヶ月で良いと思います。

ここは個人によりますね。

③プラン

ワードプレスの始め方の画像

何もいじらず、1番安い「ベーシックプラン」で十分。

④初期ドメイン

ワードプレスの始め方の画像

WordPressで必要になってくると言っていた「ドメイン」という言葉が出てきましたね。

ドメインは「ネット上のサーバーの住所」でした。

ですが実はこの初期ドメインは使いません

後で自分の好きなドメインを別で設定するからです。

なので適当な文字列を入れておきましょう。

例えば僕のブログなら「okkuso」と入れて、「okkuso.conohawing.com」としておくみたいな感じ。

⑤サーバー名

ワードプレスの始め方の画像
サーバー名とは、これからレンタルするサーバーの名前です。

ですが、基本的にサーバー名を何かに使うこともないので最初から入ってる文字列のまま変更しなくて良いと思います。

「wing-2020-04-01-10-11」みたいな日付けっぽい名前になってるはず。

僕はこのまま変更しませんでした。

⑥WordPressテーマ

ワードプレスの始め方の画像

ここではWordPressテーマを一緒に購入することができます。

種類としてはCocoonコクーンSANGOサンゴがあり、Cocoonが無料で、SANGOが9000円になってます。

追記 - 2020/06/23
JINジンが新たに追加されました。ワードプレスの始め方の画像

▼JINもこの記事内でおすすめしています。

「WordPressテーマってなに?」という人はこちらの記事で説明しています。
さらっと読んでいただくだけでもイメージがつくと思います。 【2020年最新】おすすめのブログ向けWordPressテーマ

WordPressテーマとは簡単に言うと、「着せ替え」

ブログ全体のデザインだったり機能だったりに関わる大事なものです。

そんなWordPressテーマをサーバー契約と一緒に購入できるということなのですが、正直いまテーマを決める必要はありません。

もしあなたが「Cocoonでブログをやるんだ!」とか「SANGOを購入することにしてる!」という場合であれば、チェックを付けて一緒に会計に進んでもらえばOKです。

いまWordPressテーマを選ばなくても、サーバーの契約が終わってからWordPress単体で購入(ダウンロード)することができるので、特に決まってない人はスルーしましょう。

ちなみにSANGOの価格が、10000円から9000円に値下げしていますよね。

実はSANGOとコノハウィングがコラボを行なっているからなんです。
(コノハウィングを推す理由の1つ)

本来であれば10000円なのに、コノハウィングのサイトから購入すれば1000円オフ。

ちなみに「【2020年最新】おすすめのブログ向けWordPressテーマ」でもお伝えしているように、この「おっくソぶろぐ」のWordPressテーマはSANGOです。

僕は定価の10000円で購入したので1000円損したとも言えます笑

少し話が脱線してしまいましたが、よく分からない人はWordPressテーマのチェックボックスはそのまま(何も選択しない)でOK。

僕の場合は、すでにSANGOを購入済みだったので何もチェックしていません。

MEMO
サーバー契約してからでも、SANGOの割引は有効なのでご安心を。

⑥WordPressテーマまで入力できたら右側の「次へ」をクリックしましょう。

ワードプレスの始め方の画像

僕の場合は、

  • 契約期間が12ヶ月
  • WordPressテーマの購入はなし
なので、11,286円になっていますが、もちろん選んだ期間とかによって値段は変わりますよ。

次は住所などの個人情報入力画面に移りましょう。

ワードプレスの始め方の画像

個人情報の入力

ワードプレスの始め方の画像

ここは自分の個人情報を入力するだけです。

入力したら「次へ」をクリック。

SMSによる確認か、電話による確認によって本人確認を行います。
ワードプレスの始め方の画像

画面の指示に従ってください。

お支払い

ワードプレスの始め方の画像

ここまできたら、あとは最後にお支払いするだけです。

もちろん自分の好きな方法で良いですが、自動更新とかしてくれるのでクレジットカードがおすすめです。

自動更新というのは、自分の契約期間が終わる時に次の契約期間に自動的に移ってくれるということ。

僕の場合の契約期間は12ヶ月なので、1年後にまた契約しなければいけないのですが、それを自動で更新してくれるので何も考えなくて良いです。

サーバーを自動更新せずに、しかも契約更新を忘れるとどうなるか。

契約が終わった瞬間からサーバーが使えなくなり、ブログにアクセスすることができなくなります。

それは避けたいので、こだわりがなければクレジットカードで自動更新でいいと思います。

ほとんどいないと思いますが、クレジットカードを持ってないという人はとりあえず楽天カードにしておきましょう!

支払い方法を入力したら、「お申し込み」をクリック。

ワードプレスの始め方の画像

お疲れ様でした。

これでサーバー契約が無事終了です。

Step.2 ドメインを取得する

Step.2 ドメインを取得する

さてサーバー契約が無事終わったら、コノハウィングの管理画面に飛ぶと思います。

ワードプレスの始め方の画像

ここからはStep.1で自身が契約したサーバーに対する作業になります。

まず最初に行うことになるのが「ドメイン」の取得です。

サーバーの契約画面で、「初期ドメイン」という項目があったのを覚えていますか?
ワードプレスの始め方の画像

ここで「何でもいいから適当な文字列を入れておいて」とお伝えしましたよね。

その理由は、今からちゃんとしたドメインを設定できるからです。

ドメインとはサーバーの住所。

この「おっくソぶろぐ」のURLの中の「okkuso.com」、これがドメインでしたね。

自身のブログの住所となる文字列を決めていきましょう。

Step.1で契約したWINGパックの特典によって、ドメインを登録料・更新料無料で利用できます。

「ドメイン新規取得」を選択して、「追加する」をクリック。

ワードプレスの始め方の画像

ドメインの検索

するとドメインを検索する画面に移ります。

「ドメインを検索する」という意味が分からないという方がいるかもしれないので補足しておきます。

ドメインは先ほどから言っているように、「ネット上の住所」です。

なのでカブってはいけないんですよね。

全く同じ住所が存在してしまったら、どっちがどっちなのか分かりません。

ドメインを検索するということは、自分が検索したドメインがすでに使われているかどうかを調べる作業でもあるということ。

試しに自分の好きな文字列を入力して、検索ボタンを押してみてください。

例えば「okkuso.com」としたい場合は「.com」を除いた「okkuso」だけ入力してください。

おっくソ

ちなみに「com」など「.」より右側の部分を、TLD(Top Level Domainトップレベルドメイン)と呼びます。

すると下に一覧が出てくると思います。
ワードプレスの始め方の画像

「.com」とか「.net」とか出てくると思います。

試しに「okkuso」と入力してみると、「okkuso.com」が僕のブログに取られているので表示されないと思います。(もしくはカート追加ができない)

この中から好きなものを選べばOK。

と言われても、どれがいいか分からないと思うので、そういう時は「.com」を選んでください。

ドットコムって聞いたことがあるように、「.com」は人気です。

「.jp」もよく聞きますね。

読者があなたのブログのURLを見て、怪しいと思われないためにも「.com」などの有名なものを選んだ方が無難だからです。

ちなみにドメインを購入する時は、有名なものほど高いです。(ここでは全部無料ですけどね)

SEO的には(検索結果への影響)、どれを選んでも差はないと言われているのでご安心を。

ということで、好きなものを選んで「次へ」をクリック。
ワードプレスの始め方の画像

「契約年数」とか「WHOIS代行設定済み」とか書いてありますが、気にしなくてOKです。

個人情報の入力

続いて個人情報を入力しましょう。

ワードプレスの始め方の画像

入力したら「次へ」をクリック。

確認画面に行ったら決定をクリックしましょう。
ワードプレスの始め方の画像

するとドメイン取得の処理が始まります。
ワードプレスの始め方の画像

この処理が終わったら、ドメイン取得完了です。

お疲れ様でした!

Step.3 WordPressをインストールする

Step.3 WordPressをインストールする

ドメイン取得が終わったら、次に本題のWordPressをインストールしていきます。

インストールと聞くと、難しそうに聞こえるかもしれないですが、作業としては簡単なので安心してくださいね。

ドメイン取得が終わったら、「Wordpressを作成しますか?」というメッセージが出ると思います。
ワードプレスの始め方の画像

WordPressを作成したいので「作成する」をクリックしてください。
ワードプレスの始め方の画像

インストール先のドメインを選択

するとWordPressをインストールする先のドメインを聞かれます。

ここでは、先ほど自身で取得したドメインを選びましょう。(下の方)

画像では上の「〇〇.conohawing.com」を選択してしまってますが、下の方を選んでください。

そして「次へ」をクリック。

ワードプレスの始め方の画像

するとWordPressの詳細なインストール画面に移動します。

WordPressをインストール

「WordPressを新規インストール」タブで設定していきます。

ワードプレスの始め方の画像

①バージョン

ワードプレスの始め方の画像

インストールするWordPressのバージョンですが、新しい方で問題ないので「5.4.0」にしています。

正直どちらでもOK。

古いバージョンの「4.9.12」を選んでも、後ほどバージョンアップできます。

新しいバージョンを選んでから、古いバージョンに戻ることはできないですが、何もなければ新しい方を選びましょう。

もちろんインストールするタイミングによって「5.5.0」とか「6.0.0」とかになっているはず。

②URL

ワードプレスの始め方の画像

URLについてですが、こだわりがなければ「WWWあり」を選択しましょう。

「WWWあり」が一般的です。

③サイト名

ワードプレスの始め方の画像

これから作るブログサイトの名前を入力しましょう。

例えば「おっくソぶろぐ」のような感じ。

後ほど変更できるので、自分の中で確定できてなくてもOKです。

④メールアドレス

ワードプレスの始め方の画像

自分のメールアドレスを入力。

⑤ユーザー名

ワードプレスの始め方の画像

自身のWordPressブログ管理ページにログインする時のユーザー名になります。
ワードプレスの始め方の画像

僕はメールアドレスをそのまま入力してます。

何でもOK。

⑥パスワード

ワードプレスの始め方の画像

⑤のユーザー名と一緒に使うWordPress用のパスワードです。

ワードプレスの始め方の画像

⑦データベース

ワードプレスの始め方の画像

このデータベースはWordPressで使われることになるものです。

データベースというのは、いろいろなデータを保存しておくための場所。

ブログ記事の文章や、画像などもデータベースに保存されます。

データベース名、ユーザー名を入力する場所がありますが、そのままでOKです。

こだわりがある人は変更してください。

パスワードはデータベースにアクセスする時に使用するものなので、使用頻度は少ないですが忘れないようにしましょう。

⑧コントロールパネルプラグイン

ワードプレスの始め方の画像

「インストールする」にチェックしておきましょう。

コントロールパネルプラグインとは、WordPress管理画面とコノハウィングのコントロールパネル画面を連携するためのプラグインです。

WordPress管理画面からコノハウィングのコントロールパネル画面へすぐに移動できるので助かりますよ。

この時にインストールしなくても、あとでプラグインをインストールできますし、インストールしたものを後で削除することもできるのでご安心を。

⑨自動キャッシュクリアプラグイン

ワードプレスの始め方の画像

同じく「インストールする」にチェックしておきましょう。

記事を更新した際に、キャッシュを自動的にクリアしてくれるプラグインです。

キャッシュとはページ表示速度を上げるための仕組みなのですが、キャッシュをクリアしないとデザインがうまく反映されないことが起こってしまいます。

そのキャッシュクリアを自動でやってくれるというもの。

この段階で理解する必要はないので、とりあえずインストールしておけばOK。

⑧同様に、いつでもインストール・削除できるのでご心配なく。

ここまで入力できたら、「作成する」をクリック。

ワードプレスの始め方の画像

すると以下の画面になると思います。

ワードプレスの始め方の画像

これでWordPressのインストール作業は完了です。

お疲れ様でした!

WordPressブログを確認

インストールが完了すると、管理画面が表示されます。

ワードプレスの始め方の画像

そこの「サイトURL」をクリックしてみてください。

ワードプレスの始め方の画像

これがあなたのブログのURLになります。

下のようなWordPressブログのトップ画面が表示されればOK。

ワードプレスの始め方の画像

※時期によってブログデザインが異なる可能性があります。

Step.4 SSL設定を行う

Step.4 SSL設定を行う

WordPressのインストールが終わったら完了と言いたいところなのですが、もう一息です。

SSL設定というものをする必要があります。

なぜSSL設定が必要なのか
インターネットに接続する上で、通信を暗号化する必要があります。暗号化しないと大事な情報が漏洩してしまう可能性があるからです。

現在のブログURLを見てみてください。

ワードプレスの始め方の画像

「http://~」となってますよね。

これを「https://~」に変える設定をする必要があります。

この「s」が何を意味するかというと「Secure」の「s」です。

あなたのブログへのアクセスを安全に行うために必要なものなので必ず実施してくださいね。

実際、「http://~」のように「s」がついていないブログやウェブサイトもよく見ますが、今の時代ありえないです。

ITコンサルタントが本業の僕からすると、SSL設定ができていないブログは信用できません。

一瞬で終わるのでやっちゃいましょう。

サイト管理 → サイトセキュリティ → 無料独自SSL → 「ON」をクリック

これだけ。

ワードプレスの始め方の画像

すると「設定中」に変わります。(コノハウイング側で設定をスタートしてくれます)

ワードプレスの始め方の画像

そしてしばらく経つと「利用中」に変わり、これで設定完了です。
(数分〜数十分くらい待ったくらいだったと思います)

ワードプレスの始め方の画像

設定完了したら再度ブログのURLをチェックしてみてください。

「https://~」に変わっていると思います。

ワードプレスの始め方の画像

ブログを開いた状態でブラウザのURL部分を見ると鍵マークが付いていて、「この接続は保護されています」と表示されます。(画像では英語表示になってますが)

ワードプレスの始め方の画像

MEMO
ちなみにSSL設定をする前だと、鍵マークは付かず「安全な接続ではありません」と表示されます。
ワードプレスの始め方の画像

これであなたのブログは安全な状態になりました!

お疲れ様です。

WordPressブログのスタート地点に立ちました!

Let's Start WordPress!

ここまでサーバーを契約し、ドメインを設定し、WordPressをインストールしてきて、ようやくWordPressブログをスタートできました。

本当にお疲れ様でした。

ここからは自分のブログを作っていく作業です。

WordPressテーマを使ってデザインを変えたり、記事を書いたり、自分だけのメディアを作っていきましょう!

WordPressテーマについてはこちらでまとめているので、よかったら読んでみてください。 【2020年最新】おすすめのブログ向けWordPressテーマ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし質問などあればコメントしてもらってもいいし、Twitter(@ok_kushun)のDMで聞いてもらってもOKです。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です